天王星について☆

わたしのブログの中で、初めて取り上げるかな?


天王星について!


まずは基礎情報。

<天王星>
Uranus ♅
太陽系7番目の惑星。
公転周期は約84年。
支配星は水瓶座。
地球から目視できないのは、この天王星以降の惑星です。



天王星は、土星のひとつ向こう側にある惑星で、

土星は地球から目視できる1番遠い惑星として、

「ルールや規律」「外枠、常識」などを示し、

その外側である天王星は、

その枠を超えて、「束縛からの解放、改革」「個性化」を意味すると考えられています。




私たちはまず、

子供の頃に「家族」という1番小さい社会の中で、

その後は「学校」という国の定めたルール、規則、常識の中で生活し、



「これが常識」
「これが当たり前」
「これが普通」



という、土星的枠組みを作り上げます。


そして大人になるにつれ、

色んな人と交流するようになり、



「ええ!?そんなことありえるの?」

「ええ?!そんな風に考えるの?」



という、


土星の枠組みを超えたものと出会っていきます。


それは個性であったり、

文化であったり、社会であったりと様々です。



これは、



「天王星」的な事情です。



天王星は、



自分はどんな枠組みを持っているのかを教えてくれます。




土星の中にいると、

「ルール、常識」って分からないのです。

井の中の蛙と同じ原理。

囲いの中にいると、それが当たり前で、それ以上の世界を知ることができない。





天王星的な事情があるから、
自分が今、どんな立ち位置にいるのかが分かるのです。




天王星の公転周期は84年。

今の世の中では余命に近く、この天王星が自分の個性化への流れだと考えることもあります。



その中で、

43歳前後に起こる、




天王星ハーフリターン



というものがあります。


これは、

サターンリターンを終えて自立へ向かう30代の中で、

自分が感じてきた、理解してきた、

「自分の枠組み、常識、ルール」

と、

「自分がどう生きたいのか」

という


はざまにある、重要な時。




天王星の84年を一生涯だと考えるのならば、

この43歳前後は、



ちょうど折り返し地点。




自分自身の人生を本気で向き合うタイミングなんだと思います。




自分で。

自分の。

人生を創る。




それは天王星が求める、本当の自由なのかもしれません。


天王星の求める解放や革命は、





自分本来の姿に戻るため。





そして自分本来の姿は、自分でしか分からない。



もしかしたら、


みっともなくて、

ダメダメで、

どうしようもなくて、

直視するには吐きそうなほど苦しいのかもしれない。




でも、




闇が深いほど、
反対に光は強い。






自分に絶望して初めて、
本当の自分に出会えるのかもしれない。





でも、

どんな人も、

ホロスコープ見てて、いつも思う。








輝きたい。





そう星は伝えてくるような気がします。


輝きたくてしょうがないんだと思う。

命を、星の力を、

めーいっぱい輝かせたいんだと思うのです。




そして私はそんな人達を救うこと、助けることなんてできないけれど、

いつもいつも、


その可能性を応援したいし、
信じたい。




って思います。





泣いても笑っても、私たちはいつか死ぬ。


その命の使い方は、

別に他人から見て素晴らしいものじゃなくてもいいんだ。



自分にとって、

素晴らしいと思えるものであるといいなと思います。



どんな形でも。


A star road girl

人はみな、 自分の「スターロード」を歩んでいる。 占星術家の美波です。 東広島を拠点に活動中。

0コメント

  • 1000 / 1000