検証お二人目~自分の生き方とプライベートのバランス~

今日はお二人目の検証させて頂く日でした^^


出生時間が「夜」ということしか分からないということでしたが、

お申し込み頂いたタイミングが、

ちょうどお仕事を退職されたタイミングで。



わたしが、お申し込みをスタートした日は実は、



冥王星という、

占星術で使う天体の中で、1番遠い天体(1番深い影響力のある天体)が、



5ヶ月ぶりに「順行」に戻ったタイミングなんです。



なので、

このタイミングで退職し、わたしの募集が目に入ったということは、

なにか縁があるのでは・・・?

とおもい、お受けさせて頂きました☆




お話を聞いていると、

たぶん、30分もたたないぐらいで、だいたいの出生時間が割り出せました(笑)


そのぐらい、おととし~今年の大きな出来事。

(特に今年)

これは、ご本人の「アングル」と呼ばれる、

出生時間を出せばわかるところに、ちょうどヒットするようなタイミングでした。

(もちろん多少の誤差はあるので、正確な出生時間ではないと思いますが)




彼女のホロスコープでとても目立つのは、

獅子座に6天体という過剰な偏り(笑)

しかもおそらく5ハウス。




彼女は子供を産んで、子育てが少し落ち着いたあと、

「子供と接するお仕事」をずっとしてこられたそうです。



しかも、子供に何かを教えるというのではなく、

「子供と遊んだり、体当たりしながらでもケンカしたり・・・

そういう子供たちとの関わりが好きだった」

と言っていました。





獅子座
5ハウス





ともに、


「子供」と大きく関係があるサインとハウスです。


しかもそこに6天体あるということは、

ご本人にもきっと、子供たちと同じような気持ちや心があるのではないかと。



大人だけど、

子供の気持ちもわかり、

そして変に大人が上から物を言うのではなく、

同じような目線で、同じような気持ちで、

対等といったら違うかもしれないけど、それに近い形で子供たちと接していて、

それが子供たちにとっては安心感でもあったんじゃないかな~と、勝手に想像しました。





そんなお仕事も、

体調面から難しくなり退職されたそうなんですが、


これからの時期表示としては、



「プライベート」にスポットライトが当たっているようでした。



でも、

自分でもプライベートをゆっくりすごしたり、

その「ゆっくり」という感覚も分からないとおっしゃっていて、



それは、

占星術的にみると、

獅子座に固まっている6天体と、

90度というプレッシャーがかかる位置に、彼女のプライベートや落ち着くものを意味する天体があるので、


もしかしたらずっと負担がかかっていたのかもしれません。




なので、

今度は自分自身をいつくしむ番。

自分の感覚を、

自分自身の豊かさを感じるとき。



そんなことが重要になってくる数年になりそうです。


ざっくりとですが(笑)




今回もとても勉強になりました!!!




ホロスコープは運命論ではない。




でも、

「なにか」に気付くタイミングがあるとき、

どこかに天体が当たっている。



2回目ではそんなことを感じました。



検証させてもらえる時間は、本当に本当に楽しいです!!!

今回もありがとうございました♡

A star road girl

人はみな、「自分のスターロード」を歩んでいる。 占星術家の美波(mina)です。 東広島を拠点に活動中。

0コメント

  • 1000 / 1000