検証1人目の方☆~個性化への流れ~

今日は、

時期表示の検証、1人目の方のお話を聞かせて頂きました☆


一応大きそうな表示はチェックして、

あとは、ご本人から、

自分の中での大きな出来事や流れなんかを聞く形でしてみようと思っています。



今回みさせて頂いた方は、

2年前に、

占星術でいう、40代の転換期を通過されている方でした。


40代での転換期とは、

「天王星ハーフリターン」といって、




生まれたときの天王星の、真反対(180度)に現在の天王星が位置する時期です。



誰にでもやってきます。



彼女の場合はスタートが2016年。

そしてそのポイントを計3回通っています。


話を聞いていると、そのポイントよりも、

今年来年のほうが動きが大きい様子。。。


でも3回目通ったのが2017年。

そして来年大きく動かそうと思ったキッカケのひとつが、



「ご本人のお子さん」



でした。




お話自体は、彼女にきていたそうですが、

お子さんのこともあり、彼に渡したんだそう。



でも、ここにキーポイントを感じました。





天王星ハーフリターンは、

これまで生きてきた人生を振り返り、

不要なものをそぎ、

自分の「個性化」への道を歩む、ターニングポイントです。




彼女の天王星は、「1ハウス」




これは、





「自分」




を大きく表すものです。



自分自身を見つめなおすとき。

自分自身の個性を、信じて歩むとき。



そして、その「自分」の個性化はどこから流れているのかというと、



5ハウス。





そう、




「子供」です。





彼女は4人お子さんがいますが、

子供を示す5ハウスに天体はありません。

子育てというテーマはあるように感じません。



しかし、彼女の場合は、





「子供を通して自分の個性化へ進む」




という流れがあるようです。



なので、

話がきていたとしても、彼女だけで行く形では違ったのかもしれません。


お子さんが行ったからこそ!

の流れがあるように感じました。






そしてこの大きな大きな舵を切っていくタイミングは、



「バーテックス」



という、

占星術ではひとつの「宿命」のようなものを表すポイントに、

この個性化へ向けて進む「天王星」が乗っているタイミングです。




この舵を切っていく方向には、

なにか、自分の魂が設計したものを感じるな~~~

という感じがしました。



今年の秋から、木星も射手座にはいります!!

なので、

「海外」というキーワードはよく聞きそうですし、

それは宇宙とのリズムに乗っている証拠でもあるように思います。



当たり前だけど、

1枚のホロスコープから分かることは概要。


その中身を聞いていくと、



「ほお~~~!!そんな風にでているのか!!!」

と感動したりする(笑)




彼女はひとつひとつ、

自分の人生の出来事を事前にメモしてくれていたので、

とってもスムーズにお話ができました!!


すごい~~~^^♡




とても貴重な時間と経験のお話を聞かせてもらいました!!



本当にありがとうございました♡



A star road girl

大好きな占星術と 星と歩む私の人生について、紹介しています。 東広島をメインに活動中です☆

0コメント

  • 1000 / 1000