コミュニケーション☆~人と自分の違いを知る~


突然ですが、

わたしはコミュニケーションが苦手だと思っています。

でもたいてい「えーー!」と言われます(笑)



占星術的に解釈をすると、わたしはコミュニケーションが苦手なのではなく、

わたしは水星が乙女座なので、



「水星」=コミュニケーション

「乙女座」=分析、思考、几帳面



という図式が当てはまり、

人とコミュニケーションをとるときに、必要以上に細かく考えがちなので、

「苦手」だと意識しやすいのだと思われます。




人とコミュニケーションをとるとき、どんなことが大切だと思いますか?


共感すること?

理解しあうこと?

楽しむこと?

分かち合うこと?



色々とあると思いますが、

私はコミュニケーションでしかできないことのひとつに、



「違いを知ること」




があると思っています。



わたしは、水星が乙女座なのですが、旦那さんは水星が射手座です。

占星術でいうと、この関係性のエレメントは「スクエア」で、

度数も近いので、しっかり「スクエア」というアスペクト(角度)をとっています。



スクエアとは、

違う元素(簡単にいうと、行動前の動機付けになるような要素)だけど、

同じクオリティ(簡単に言うと行動特性みたいな感じ)

この組み合わせで90度になっている天体同士の結びつきのことをいいます。

(※厳密にいうと例外もあります)




そうです。


わたしと旦那さんは、水星というコミュニケーションを司っているものが、

違う元素、

全く違う要素を持ち合わせているのです。

違う元素同士の結びつきというのは、別に珍しいことでもなんでもないんですが、


「スクエア」というのは、努力と葛藤の角度なんです~(笑)





なので、今までもたくさんケンカをしてきました。話し合いというね。




でも違う者同士だからこそ、

たくさんの話し合い、ケンカから学んだものは、




「お互いどう思ったのか、考えたのか」を伝え合うこと。




まぁ、ビックリするぐらい違うんですよ(笑)


行動前の動機も、もっと言うとその後の行動の仕方も、

だからお互い「え!?」ってなるんです(笑)



それを、「相手が違う!」とか「私がこう思ってるんだから!」と

押し付けあうのではなく、





「わたしは、こう思って、こう考えたから、こう行動した」


「俺は、こう思って、こう考えたから、こう行動した」




それを伝え合って、



「あぁ、違うんだね」




それがわかれば、もうそれで十分なんですよね。





誰とでもうまくコミュニケーションできる人っていないとおもっています。

だって、

水星のサインはみんな違うんだから。



合わせるのが上手な人もいるだろうし、

意見を伝えるのが上手な人もいるだろうし、

聞き役が上手な人もいるだろうし、

しゃべるのが上手な人もいるとおもいます。





そんなたーーくさんある、色々な水星(コミュニケーション)の形の中で、



「え~!あなた、こんな風に考えるんだね、違うね!」



そんなことも楽しめると、

人とのコミュニケーションも面白くなってくるのではないかな~と、そう思います☆




懐かしき、長女が1歳~2歳ぐらいのときの写真かな~


水星が山羊座の彼女は、おそらくしっかりとした起承転結のある話をしてくれるはず(笑)

A star road girl

人はみな、 自分の「スターロード」を歩んでいる。 占星術家の美波です。 東広島を拠点に活動中。

0コメント

  • 1000 / 1000